生命保険の悩みを解決!|元生命保険募集人がわかりやすく解説!

女性の方もライフスタイルにあわせた生命保険を選びましょう

 

 

女性のあなたも、生命保険で保障を受ける必要性はあります。

 

 

では、どんな保険がよいでしょうか?

 

 

ここでは、女性のライフスタイル別に
おすすめの生命保険をご紹介しています。

女性は医療を中心として生命保険加入おすすめします

 

専業主婦のあなたならば・・・

 

 

あなたが専業主婦で、現在の生計を支えているのがご主人でしたら、
あなたが死亡した場合でも、家族が経済的に困ることはほとんどないでしょう。

 

 

ですので、専業主婦の場合は、経済的面より、
残された家族の生活をカバーできる保障を考えたほうがよいでしょう。

 

 

生命保険,生命保険選び方,生命保険ランキング,生命保険比較,生命保険見直し,生命保険相談整理資金といわれる葬儀代や身辺整理代として最低限の死亡保険を考える!

 

 

整理資金といわれる葬儀代や身辺整理代としては、
300万程度の終身保険(死亡保障)をつけることで、
万が一をカバーできると思います。

 

 

病気やケガで入院すると、医療費や雑費などの負担が増えますし、
男性に比べ女性は長生きできると言われていますよね。

 

 

老後を考え、生前の病気への備えに、
要介護状態になった場合の保障の準備などを、
医療保障を中心に考えることが重要です。

 

 

生命保険,生命保険選び方,生命保険ランキング,生命保険比較,生命保険見直し,生命保険相談お子さんがまだ小さいのであれば、家事や育児をカバーするための保障を付加する!

 

 

また、幼いお子さんがいらっしゃるのなら、あなたが万が一のとき、
ご主人はお子さんをどこかに預けて働かなければならないケースも考えらます。

 

 

その場合はベビーシッターや保育料など、
新たな支出が発生することが考えられます。

 

 

そのため、お子さんがある程度成長されるまで、
家事や育児をカバーするための保障を
付加しておくといいでしょう。

 

 

独身女性のあなたならば・・・

 

 

生命保険加入の考え方としては、
専業主婦の方と同じでよいでしょう。

 

 

しかし、専業主婦の方と違う点があります。

 

 

今後”結婚されるのか”それとも”結婚されないのか”という点です。

 

 

最近は、シングルライフを満喫されている方も
多く見受けられます。

 

 

今後、結婚する予定をされていないあなたは、
老後のこともたぶんあなた自身で考えていかなくてはなりません。

 

 

その点をしっかりと注意していきましょう。

 

 

結婚後も働いているあなたならば・・・

 

 

結婚後も働いているあなたでしたら、
まずあなたの収入が生活費やローン支払いなどの中で、
どの程度のウェイトを占めているかが重要になります。

 

 

あなたの収入が全く生活費等に当てられていないのであれば
問題はありません。

 

 

ですが、もし、生活費やローン支払いに当てられているのであれば、
万一の時に残されたご家族に経済的にダメージを与えることになります。

 

 

ですので、あなたの収入が生活費等に占めるウェイトに応じて、
『亡くなった場合、残された家族に必要な死亡保険』の検討をしましょう。

 

 

また、ケガ・病気の時の治療を目的とした保険をおさえ、
もしあなたが主に家計を支えているのであれば、『所得補償』も検討しましょう。

 

 

シングルマザーのあなたならば・・・

 

 

離婚してシングルマザーになった場合、
お子さんの分の生活費や養育費を確保するために
死亡保障を見直す必要が出てきます。

 

 

これからはあなたが家庭の主になるのですから、
万が一の時を想定した保障が必要となってくるでしょう。

 

 

もしお子さんがいらっしゃらない場合ならば独身に戻るだけですので、
独身女性の方や専業主婦の方と考え方は同じです。

 

 

このように、一人一人生活環境が違います。

 

 

まずは、あなたがどのような生活スタイルであるかを確認し、
将来を見据えた様々な観点から検討したうえで、
保険に加入することをおすすめします。

 

 

プロによる生命保険見直しの無料相談はこちらです。

 

 


外為ジャパンを紹介