生命保険の悩みを解決!|元生命保険募集人がわかりやすく解説!

個人年金について

 

 

個人年金も最近はよく耳にするので、あなたも加入されている、
もしくは加入を検討されているのではないでしょうか?

 

 

ここでは、個人年金保険料控除についてお話していきます。

個人年金保険は個人年金保険料控除が適応されます

 

名前のとおり、私たちが個人的に加入する年金です。

 

 

個人年金でお勧めする部分があります。

 

 

それは”個人年金保険料控除”が適応されるということです。

 

 

生命保険料控除と同じようなものだと考えて下さいね。

 

 

ただし、個人年金保険の契約が、
以下の条件を満たしている場合に限ります。

 

 

●年金受取人が契約者、または配偶者のいずれか。

 

●年金受取人は、被保険者と同一人である。

 

●保険料払込期間が、10年以上の契約形態である。
※一時払いは不可

 

●年金の種類が確定年金・有期年金である場合は、
年金開始日における被保険者の年齢が60歳以上で、
かつ年金受取期間が10年以上であること。

 

 

以上の条件を満たしている場合、
「個人年金保険料税制適格特約」を付けることで、
個人年金保険料控除の対象となります。

 

 

※付加されない場合や、変額個人年金の保険料の場合は
一般的な「生命保険料控除」の対象となります。

 

 

生命保険料も個人年金保険料も、
支払った保険料の金額によって
控除できる割合が決まっています。

 

 

それぞれ年間の支払保険料が10万円を超えると、
限度額5万円が控除されます。

 

 

月額にすると保険料8,300円以上と考えてください。

 

 

生命保険と個人年金の両方の契約していれば、
合わせて最高10万円まで控除できるのですから、
利用しない手はないと思います。

 

 

生命保険料控除とは別に個人年金保険料控除が受けられるので、
将来の貯蓄の為に積み立てて、なおかつ、
税金対策になる部分は大変良い商品ですね。

 

 

もちろん、生命保険料控除も忘れずに受けて下さいね。

 


外為ジャパンを紹介