生命保険の悩みを解決!|元生命保険募集人がわかりやすく解説!

三大疾病について

 

 

三大疾病は、がん、心筋梗塞、脳卒中の疾病を対象となっています。

 

 

生存しているにも関わらず、死亡したのと同じようにみなされるので、
生前給付保険(特約)と呼ばれることもあるようですね。

 

 

ここでは、三大疾病についてお話していきます。

三大疾病のメリットとデメリット

 

[三大疾病のメリット]

 

・三大疾病以外で死亡した場合にも保険金を受け取れる。

 

・保障の範囲が広くなる。

 

 

[三大疾病のデメリット]

 

・保険料が割高になる。

 

・急性心筋梗塞と脳卒中に関しては、特に支払いの審査が厳しい。

 

・生命保険会社によっては、上皮内ガン・皮膚ガンなどが対象外の場合がある。

 

 

三大疾病の生前給付の条件

 

 

悪性新生物(癌)

 

 

保険期間中に初めてがんにかかったと、
医師によって診断された時。

 

※上皮内がん・皮膚がん(悪性黒色腫を除く)を除く。

 

※乳がんについては、契約開始日より90日を過ぎないと保障対象外。

 

 

急性心筋梗塞

 

 

急性心筋梗塞を生命保険の責任開始期以後の疾病を原因として発病。

 

 

さらに、初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて、
60日以上労働の制限を必要とする状態が続いたと、
医師によって診断された時。

 

 

脳卒中

 

 

くも膜下出血・脳内出血・脳血栓・脳塞栓で、
生命保険の責任開始期以後の疾病を原因として発病。

 

 

さらに、初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上、
言語障害・運動失調・麻痺などの後遺症が継続した事を医師によって診断された時。

 

 

三大疾病は、ガン・急性心筋梗塞・脳卒中になった場合に、
保険金が一時金として支給される生命保険会社で一般的な特約の一つです。

 

 

「三大疾病になれば、一時保険金が出ますよ」と営業されると思います。

 

 

でも実は、「三大疾病で、一定の条件を満たす状態になれば、
保険金が支払われますよ」の間違いだと言えます。

 

 

では、「一定の条件を満たす状態」とは、何でしょうか?

 

 

例えば、急性心筋梗塞や脳卒中の場合、
60日以上労働の制限を必要とする状態で、
軽い家事等の軽労働や事務等の座業はできるが、
それ以上の活動では制限を必要とする状態が継続している、
というのが条件です。

 

 

60日以上労働の制限を必要とする状態となると、
これは、かなり重度な症状だと思いませんか?

 

 

もちろん、軽度でしたら保険金は出ないでしょう。

 

 

ガンであれば診断されただけで支給されます。

 

 

でも、ガンの初期段階の上皮内ガンや皮膚ガンですと、
多くのケースが保険金支払いの対象から除かれています。

 

 

ですので、ガンの場合、早期発見で見つかるものに対しての
給付金は期待できないですよ!

 

 

心筋梗塞・脳卒中の場合、末期状態かリハビリが長引かないと
給付金は期待できないですよ!

 

 

という事になりますね。

 

 

そう考えていくと残念ながら、
滅多な事では生前給付は出ないでしょう。

 

 

もし給付金が出ると仮定しましょう。

 

 

しかし、保険金が出るのはかなり後になります。

 

 

例えば、60日以上の労働制限と、
医師が診断した時であれば・・・

 

 

60日以上の労働制限が認められないと、
生命保険会社に請求はできないということですよね。

 

 

ですので、給付金が請求できるのは、
60日後という事になります。

 

 

保険会社による査定が、10日後程度と考えますと・・・

 

 

実際に保険金が支給されるのは、
最短で70日後になりますね。

 

 

なので、当初からの治療費を補うという意味では、
全く役にたちません!

 

 

それでも、あとから希望どおり給付金が下りれば納得はいくとは思いますが、
いざ蓋を開けてみたら、話が全然違っていた!

 

 

という事にならないよう、ちゃんと理解した上で
三大疾病を付加するかを考えましょう。

 

三大疾病について 関連エントリー


外為ジャパンを紹介