生命保険の悩みを解決!|元生命保険募集人がわかりやすく解説!

住宅ローンに三大疾病の保険はホントに必要?

 

最近は、保険つき住宅ローンが人気を集めているようですね。

 

 

数年前からガン保険をつけるタイプが増えつつありました。

 

 

でも最近では、三大疾病の他にも七大疾病、
九大疾病、所得補償つきが登場しています。

 

 

安心を得るという意味では、魅力的かもしれませんね。

 

 

住宅ローンを組む時、
たぶんあなたは団体信用生命保険に加入します。

 

 

団体信用生命保険とは、ローンの申込者が死亡したり高度障害になった場合、
ローン残高と同額の保険金が支払われてローンが相殺されるという保険です。

 

 

保険料は、多くのところがローン残高の0.3パーセント程度。

 

 

この程度の保険料なら比較的安い水準ですね。

 

 

個人で保険に加入し毎年見直すことを考えるならば、
団体信用生命保険に入っておくべきでしょう。

 

 

しかし、住宅ローンに三大疾病の保険は、
本当に必要なんでしょうか?

 

 

多くの金融機関で扱っている三大疾病保険付は、
三大疾病(ガン、心筋梗塞、脳卒中)のいずれかに該当すると診断され、
一定条件を満たした場合に保険金が出てローンが相殺。

 

 

一見よさそうに感じますが、
保険料が割高のなるのは確実ですよね。

 

 

保険料は、団体信用生命保険とは別に
残高の0.3パーセント前後と考えておいてよいでしょう。

 

 

となると、死んでしまう可能性に備える保険と、
三大疾病にかかる可能性に備える保険の値段が同じ保険料なんです。

 

 

もらえる保険金額が同じで、支払う保険料も同程度ということは、
受けられる保障の確率も同程度を意味しています。

 

 

よって、三大疾病付ローンの保険金をもらえる確率と、
団体信用生命保険からの保険金をもらえる確率が、
ほぼ同じでなければいけないはずです。

 

 

しかし、その確率は同程度だと思えますか?

 

 

ローンにつける三大疾病を保障する保険の最大の条件が、
三大疾病にかかっても死なないことです。

 

 

なぜなら、三大疾病にかかっても死んでしまうなら、
団体信用生命保険の保障があれば十分だから。

 

 

「三大疾病にはかかるけれど、絶対に死にません」

 

 

住宅ローンを返済中の多くの30・40・50歳代の人に、
そのような確率はかなり低いのではないでしょうか。

 

 

にも関わらず、団体信用生命保険と同程度の保険料だと考えると、
やはり割高だと感じませんか?

 

三大疾病について 関連エントリー


外為ジャパンを紹介