生命保険の悩みを解決!|元生命保険募集人がわかりやすく解説!

満期受け取りの時の税金について

 

満期保険金は、契約内容により税金が異なるんです。

 

 

契約者(保険料負担者)=Aさん、満期保険金受取人=Aさんの場合

 

 

保険金受取人Aさんの一時所得になります。

 

 

契約者(保険料負担者)=Aさん、満期保険金受取人=Bさんの場合

 

 

保険金受取人Bさんに贈与税がかかります。

 

 

生命保険金の税金というのは契約内容により決まりますので、
満期が来てからの節税はできません。

 

 

しかし、満期前でしたら、例えば受取人を変更し、
贈与税としての課税を避ける事なども可能です。

 

 

もう一つ必ず注意して頂きたいのは、
満期保険金は実際に満期保険金の支払いを請求していなくても、
満期日になった時点で税金が課税されてしまいます。

 

 

請求を保留したり、据え置き制度を利用しても課税されるので、
その点は十分気をつけてくださいね。

 

 

保険契約期間5年を超えるもの

 

 

一時所得として所得税・住民税がかかります。

 

 

一時所得の計算式は、以下の通りです。

 

 

(満期保険金−払い込み保険料−特別控除50万円)×1/2

 

 

満期保険金額と、今まで支払った総保険料の差額が
50万円以内の場合は非課税となります。

 

 

もし、50万円を超えた場合でも、
特別控除(50万円)の適用があります。

 

 

さらに、その金額の2/1は非課税になります。

 

 

契約者(保険料負担者)=満期保険金受取人でない場合

 

 

贈与税に当たります。

 

 

年間の贈与額が110万円以下なら贈与税はかかりません。

 

 

でも、110万円以上でしたら、受取った保険金から
基礎控除110万円を差し引いた分に課税がされます。

 

 

保険契約期間5年以下

 

 

雑所得となり、特別控除額はありません。

 

 

満期保険金−払い込み保険料=雑所得金額

 

 

雑所得金額に20パーセントの源泉分離課税がされます。

 

 

年金形式で受け取る

 

 

公的年金などと同じように雑所得になります。

 

 

ほとんどの養老保険の加入形態は、
5年以上の保険期間・契約者も受取人もあなたでしょう。

 

 

その場合、一時所得となり、100万円の満期金でしたら、
ほぼ税金がかからないケースが多いと思います。

 

満期保険について 関連エントリー


外為ジャパンを紹介