生命保険の悩みを解決!|元生命保険募集人がわかりやすく解説!

定額保険と変額保険の違いについて

 

 

終身保険は、契約時の保険金額が終身に渡り
保障されているものを言いますよね。

 

 

そして、終身保険は、定額終身保険と変額終身保険の2つがあります。

 

 

ここでは、変額保険についてお話していきますね。

定額終身保険と変額終身保険はそれぞれ一長一短があります

 

 

定額終身保険と変額終身保険。

 

 

この二つの大きな違いは、解約返戻金と
将来のインフレに対応できる仕組みがあるか、
という点になります。

 

 

その部分をよく理解していないと、トラブルの原因に・・・

 

 

では、どちらがどう違うのかを見ていきましょう。

 

 

定額終身保険と変額終身保険の特徴

 

 

定額終身保険の特徴

 

 

・契約時の保険金額が終身一定。

 

・解約返戻金が契約時の予定利率で約束されている。

 

・確実に解約返戻金を積み立てるので、保険料が高め。

 

・運用は、生命保険会社の一般勘定で行われている。

 

 

変額終身保険の特徴

 

 

・運用実績により、保険金額・解約返戻金が増減してしまう。

 

・生命保険会社の運用実績が悪かった場合でも、
死亡・高度障害保険金については、契約時の保険金額が最低保障されている。

 

但し、解約返戻金には最低保障がない。

 

・保険料の一部を株や債券などの特別勘定で運用をおこなうため、保険料が割安。

 

・運用については、株や債券など特別勘定から選択しますが、実績は自己責任。

 

※特別勘定とは、変額年金の資産を運用・管理するための専用勘定のことで、
他の保険種類の資産とは区分して経理されています。

 

 

定額終身保険のメリットとデメリット

 

 

[定額終身保険のメリット]

 

 

・貯蓄を主とした保険なので、解約返戻金が確実に積み立てられる。

 

 

[定額終身保険のデメリット]

 

 

・保険金額が一定なので、インフレに対応するには難しい。

 

・変額終身保険に比べて、同じ保険金額でも払込保険料が多くなる。

 

 

変額終身保険のメリットとデメリット

 

 

[変額終身保険のメリット]

 

 

・貯蓄を主とした定額終身保険と比べ、同じ保障内容でも保険料が割安。

 

・運用実績しだいでは、契約時の保険金額を上回る可能性もある。

 

 

[変額終身保険のデメリット]

 

 

・運用しだいで保険金額や解約返戻金が増減。

 

 

ですので、運用が悪かった場合、
解約返戻金がないことがあります。

 

 

但し、死亡・高度障害保険金には最低保証はあります。

 

 

将来の死亡整理資金は、終身保険で準備することが
望ましいと言われています。

 

 

ですが、定額終身保険と変額終身保険には、
それぞれ一長一短があります。

 

 

どちらがいいかと決めるより、どちらを選ぶことが、
あなたにとって合っているのかを考えましょう。

 

 

そして、目的をはっきりしたうえで決めることが望ましいでしょう。

 


外為ジャパンを紹介