生命保険の悩みを解決!|元生命保険募集人がわかりやすく解説!

子ども保険(学資保険)について

 

 

お子さんの将来の学資資金を蓄えておくということで、
大変人気のある保険商品ですよね。

 

 

ここでは、子ども保険(学資保険)について、
注意して欲しいことをお話していきますね。

子ども保険(学資保険)は主契約のみ契約をおすすめします

 

 

子ども保険(学資保険)とは、
お子さんの教育資金などを準備する保険です。

 

 

入学や進学に合わせてお祝金が受け取れます。

 

 

また、保険商品の中にはお子さんの死亡保障がついているものや、
契約者が死亡した場合、養育年金が支払われるものもあります。

 

 

[子ども保険のメリット]

 

●お子さんの進学に合わせて、お祝金が受け取れます。

 

●将来の教育費を準備することができます。

 

●通常の場合、お子さん=被保険者、親=契約者での契約となり、
契約者が死亡した場合には、以後の払込保険料が免除されます。

 

●養育年金が支払われることもあります。

 

●期間は18歳か22歳満期が主流となっています。

 

●中途解約はいつでも解約可能。

 

しかし、加入後短期間で解約してしまうと、払込保険料よりも
解約返戻金が少なくなります。

 

 

貯蓄型保険として大変人気のある商品なのですが、
現在の子ども保険(学資保険)は「貯蓄」を目的に加入するには、
少し率が悪すぎる気がします。

 

 

子ども保険(学資保険)で、保障機能が充実させて、
保障を期待する人はいないでしょう。

 

 

例えば、特約の「育英年金」ですが、
契約者が死亡すると支払われることになっています。

 

 

しかし、「育英年金」の部分は、契約者が他で加入しているはずの
「定期保険」や「終身保険」で用が足りるはずです。

 

 

多くの生命保険会社の中には、よい内容の子ども保険(学資保険)を
販売しているところも何社かはあるようですね。

 

 

もし、よい内容の保険が見つかり
加入することになったら・・・

 

 

「特約」にはいっさい入らないで、
「主契約」のみに加入しましょう!

 

 

理由は、特約をつけると、貯蓄性がよりいっそう
悪くなってしまうからです。

 


外為ジャパンを紹介