生命保険の悩みを解決!|元生命保険募集人がわかりやすく解説!

死亡保障と医療保障は別々契約がおすすめ

 

死亡保障と医療保障がセットの保険は、
死亡保障が主契約で医療保障が特約の場合がほとんどになります。

 

 

ですので、その保険で高度障害保険金が支払われると
主契約が消滅するため、自動的に医療保障も無くなります。

 

 

しかし、死亡保障と医療保障を分けて別々の契約にしてあれば、
不慮の事故で高度障害状態になってしまった時には、
死亡保険から高度障害保険金を受け取ることができます。

 

 

なおかつ、別で加入していた医療保険も生命保険の一つなので、
不慮の事故による身体障害に対する保険料免除の機能があり、
保険料免除で継続することができるのです。

 

 

将来の見直しのしやすさなども含めて考えてみると、
死亡保障と医療保障は同じ会社で入るとしても、
別々に契約にしておくという考え方の方が合理的かもしれませんね。

 

死亡保険金について 関連エントリー


外為ジャパンを紹介