生命保険の悩みを解決!|元生命保険募集人がわかりやすく解説!

ソルベンシー・マージン比率は、生命保険会社の格付け程度に考えましょう

 

ソルベンシー・マージン比率では、大地震や株の大暴落など、
予測ができない、思いがけない事態が発生した場合でも、
万が一の事態の対応してもなお、その生命保険会社が契約者に対して、
保険金を支払う余力があるのかという数値を示しています。

 

 

当然、ソルベンシー・マージン比率の数値が大きければ、
その生命保険会社は支払いの余力があるということになりますね。

 

 

そして金融庁は、ソルベンシー・マージン比率が
200パーセント以上あることが、
その生命保険会社を堅実で安心である
とういことを示す判断材料の一つだとしています。

 

 

200パーセントを下回った生命保険会社に対しては、
契約者を守るということを目的とした「早期是正措置」という警報を出し、
業務改善のための指導を行います。

 

 

しかし、生命保険の安全度をはかる上で、
ソルベンシー・マージン比率が取り上げられることが多いと思います。

 

 

ですが、実のところソルベンシー・マージン比率は、
あまり当てにしない方が良いと思いませんか?

 

 

何故なら、これまでの破綻生保の多くは、ソルベンシー・マージン比率
200パーセントを発表しているのにも関わらず潰れているからです。

 

 

では、どこを基準に考えて格付すれば絶対?とも言えませんが、
ソルベンシー・マージン比率200パーセント以上でも潰れているのならば、
格付け程度にという言葉が適当には思えませんか?

 

 

営業職員さんの中には、「わが社は、ソルベンシー・マージン比率
○○パーセントありますので、絶対に潰れません」と、
会社が作成したソルベンシー・マージン比率の資料を片手に、
熱弁される方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

でも、それは参考程度にした方が良いかもしれませんね。

 

保険会社の安全性 関連エントリー


外為ジャパンを紹介