生命保険の悩みを解決!|元生命保険募集人がわかりやすく解説!

生命保険の3利源と資産運用

 

生命保険はあなたから支払う保険料を共有の準備財産として
生命保険会社が管理し、運用しつつ、健康状態の悪い人が加入し、
全体の死亡率を悪化させることのないように
より安全・確実・有利に運用できるよう
制度運営の経費は少しでも切り詰めると言った
経営努力をして利益を出しています。

 

 

生命保険の利益は、「死差益」「利差益」「費差益」です

 

 

死差益とは?

 

 

予定死亡率によって予測し計算された死亡者数よりも、
実際の死亡者数が少ないときに発生する利益です。

 

 

日本では、死亡率はおおよそ一定しているということと、
保険は安定運用が原則であるため、
保険会社は死亡率を高めに設定していますので、
常に死差益が生じるようになっているんです。

 

 

医療保険の場合は死差益ではなく、
疾病率の差から利益が発生します。

 

 

利差益とは?

 

 

予定利率で予定していた運用利回り(予定利率)より運用が良かった場合、
運用成績と予定利率の差がそのまま利益となり、それが利差益となります。

 

 

費差益とは?

 

 

予定事業率で予定されていた事業費よりも、
実際の事業費が少なくてすんだ場合に発生する利益です。

 

 

いくら死差益や費差益で利益が出ても、長引く低金利や株安により、
保険会社の運用成績は悪化すれば利差益どころか運用成績が
予定利率に達成しないことになります。

 

 

すると利差損が発生してしまいます。

 

 

この差損の生じてしまう状態が逆ざやです。

 

 

逆ざやとは、本来予定されていたのと、
逆のさやとなってしまうことです。

 

 

保険料の資産運用は、原則4つから成り立っています

 

 

安全性

 

 

運用される資産は、将来保険金として支払われるためのものですので、
支払いに支障がないように安全に運用します。

 

 

収益性

 

 

保険料は、あらかじめ予定利率分を割り引かれているので、
保険会社は予定利率以上の運用が必要となります。

 

 

さらには配当金の割り当てを多くするなどで、
契約者の保険料負担を軽くするための収益性を
常に考えながら運用しなくてはなりません。

 

 

そこで生命保険会社は、換金性(流動性)の保険金支払いが集中した場合に備えたり、
機動的な運用ができるように、換金性(流動性)のある預貯金や公社債などで資産の一部を保有しています。

 

 

公共性

 

 

生命保険会社の資産の多くは、契約者から払い込まれた
保険料がもととなっています。

 

 

そのため、国民経済や生活の向上に役立つ
公共性をもった運用を求められていて、
その資産利用方法や利用割合などは、
内閣府令で定められているのです。

 

 

有価証券

 

 

有価証券は、株式・公社債・外国有価証券などで運用。

 

 

貸付金

 

 

有担保を原則として貸し出しています。

 

 

貸付先は、基幹産業や産業、
中小企業貸付や住宅ローンなどになります。

 

 

また、約款に記載のもと、
契約者貸付や(自動)振替貸付も行われてます。

 

 

不動産

 

 

土地・建物などの不動産は、自社の営業用のもの、
投資用のものとがあり、海外の不動産にも投資してます。

 

 

生命保険の三利源、死差益や費差益は努力次第!

 

 

利差益は各保険会社の運用担当者の力量で成果は変わります。

 

 

保険料がどのように運用されているか、
あなたにとって大切なポイント!

 

 

気になる生命保険会社があったら、資産運用についてや
財務の健全性をチェックしてみるといいでしょう。

 

生命保険の原価 関連エントリー


外為ジャパンを紹介